インプラントとは

  •  インプラントとは、抜けた歯を歯冠から歯根まで審美的にまた機能的に修復または回復させることが可能な画期的な治療法です。
     奥歯を失い硬いものが噛めずにいる方等も、インプラントにより天然歯(自分の歯)の様にしっかり噛むことが出来ます。
     よく患者様が疑問に思われる人工の歯根とは?についてですが、 現在使用されている金属の中で最も生体親和性(体に馴染み易い、体に害がない)と言われているチタンという金属を使用しています。
    • インプラントと他の治療法との違いは?
       まず最初に失った歯に対する治療法は失った歯の部位(場所)によっても多少の違いがありますが、 現在の歯科治療において保険治療およぴ保険外治療を含めて3つの治療法があります。
       まず第一にブリッジ(差し歯)、第二に義歯(入れ歯)、最後にインプラントです。 では、個々の違いを説明させて頂きます。
      ブリッジ(差し歯)

      ○ ブリッジの良い点
      固定式の為、取り外しのわずらわしさが無く違和感が少ない。
      気にせずに硬いものが噛める。
      健康保険内での治療が可能。
      × ブリッジの悪い点
      両隣の歯が存在する場合は、神経を取ったり、大きく削る必要がある。
      失った歯にかかる力を負担するために歯が割れるなどしてさらに歯を失うこともある。
      歯が無い部分が不潔になり、支えになっている歯が歯周病になりやすい。
      歯が無い部分の骨がやせてしまい、空気が漏れやすくなり 発音障害を引き起こすこともある。
      義歯(入れ歯)

      ○ 入れ歯の良い点
      完成するまでの患者様の体力的な負担が少ない。(外科的治療が無い。)
      歯を削ったり、被せものを外したりする必要性が少ない。
      失った歯の場所や数に関係無く対応ができる。
      健康保険内での治療が可能。
      × 入れ歯の悪い点
      健康な歯に針金(バネ)をかける必要があり、健康な歯を揺さぷったり、不潔にする可能性がある。
      違和感が強く、慣れるまでかなりの時聞を要する。
      発音障害を引き起こすこともある。
      調整(自分の体の一部として認められるまで)にかなりの時間を要する。
      噛むカが自分の歯の30%程度である。
      樹脂や針金のため割れることもある。
      頭の骨が痩せることにより合わなくなり、作り直す必要がある。
      インプラント

      ○ インプラントの良い点
      失った部分のみに人工の歯を植立するために、隣の歯を削る等の負担をかけない。
      手入れが簡単。(自分の歯と同じお手入れで大丈夫です。)
      取り外しの必要が無い。
      見た目が人工の歯と判りにくい。
      硬いものもしっかり噛める。
      顎の骨がやせにくい。
      × インプラントの悪い点
      健康保険適応外であり、治療費が高額である。
      手術をしなけれぱいけない。
      治療期間が他の治療に比ぺ長い。(鈴
   まず、フィクスチャー(ネジの部分)を骨に埋め込みます。 
    
    骨とフィクスチャーが結合した後、アバットメント(土台の部分)を立てます。
     
   その上にかぶせ物(歯の部分)をつくります。  
    
    完成です。他の天然歯と見分けがつかないほど、自然な仕上がりです。
    
   上からみたところです。非常にきれいに仕上がります。



このページのトップへ

診療内容

診療時間

時間
09:00〜12:30
14:30〜18:00
18:00〜19:00
    (日,祝祭日 休診)

所在地

〒510-0305
三重県津市河芸町中別保186-1
TEL:059-245-3125
最寄り駅:「豊津上野」駅徒歩8分

メールでのお問合せ
okawasika@okawa-dentalclinic.com